【Adobe Illustrator】ライブペイントツールを使ってみよう

普段Illustratorを使ってチラシを作ったり、イラストを作成することが多い私ですが、今回は学生の頃に教えてもらって驚いた「ライブペイントツール」についてご紹介します!
目次

Adobe Illustratorでイラストを”作る”

まずはAdobe Illustratorについて簡単に紹介します。
Adobe Illustratorは、「パス」という点と線で出来たオブジェクトを組み合わせてイラストの作成を行い、個人的にはイラストを"描く"というよりイラストを"作る"という感覚で作成しています。
「ベクター」という、拡大・縮小をしてもぼやけたりしないオブジェクトが作成でき、看板やチラシなどの印刷物webのアイコンなど、サイズの変更があっても対応できるイラストを作ることができます。
イラストが複雑になればなるほど、オブジェクト重なりなどを考えながらイラストを描き上げなければなりません。
今回は、そんなIllustratorの中であまり知られていない「ライブペイントツール」のご紹介をしたいと思います。

ライブペイントツールはこんな時に使えます

Illustratorは「パス」の組み合わせなので、オブジェクト同士には必ず上下があります。
画像のようにパスが重なった部分に色が塗りたい時、ライブペイントツールを使うと簡単に色を塗ることができます。

実際に使ってみよう!

まず、色を塗りたいイラストのパスを選択ツールで全て選択します。(ショートカットキー:V)
※この時、選択されているパスのみをライブペイントするので、選択漏れに注意してください。

「ライブペイントツール」は初期設定の場合、ツールボックスの「シェイプ形成ツール」の中に隠れています。(ショートカットキー:K)

選択したパスの上にカーソルを重ねると「クリックしてライブペイントグループを作成」と出てくるので色を置きたい場所をクリックします。
カーソルの上にある3つ並んでる四角形は、スウォッチ内のカラーで、キーボードの方向キーの左右で選択でき、真ん中の色が実際の塗りに反映されます。

羽をクリックしてみましょう。
クリックするとパスで囲まれた部分のみに色が入ります。
これだけ!!
あっという間に好きなところに好きな色が塗れてしまいます。
色を変更したい場合も、何度も入れ替えができ、グラデーションやパターンなどスウォッチに登録できるものならなんでも入れることが出来るので、直感的に簡単に色を塗ることが出来ます。

気をつけること

①ライブペイントグループ

ライブペイントツールを使うとそのパスは「ライブペイントグループ」という特殊なグループになっているので、クリッピングマスクなどが出来ません。

その場合、上部タブの
「オブジェクト→分割・拡張」
または
「オブジェクト→ライブペイント→拡張」
を使い、通常のグループに戻して使用してください。
※分割・拡張を行うとライブペイントは反映されなくなり、再度グループ化する必要があります。

②隙間オプション

ライブペイントの天敵は、パスの隙間です。
隙間が空いているとライブペイントの範囲を確定できず、色を置くことができません。

そこで、上部タブの「オブジェクト→ライブペイント→隙間オプション」を開くと、パスの隙間を補ってくれる設定をすることができます。
「塗りの許容サイズ」でどの程度の隙間の範囲を許容するかを選択でき、「カスタムの隙間」に設定すると数値を入力できるようになり、任意の範囲を補ってくれます。

まとめ

Illustratorのほんの一部分の機能ですが、大変便利なライブペイントツール。
これまでに色んな人に教えましたが、意外に知らない人が多く、大変喜ばれました。
使い方次第でイラストがより簡単に、使い回しがしやすいデータを作れたりするので、色々な機能を試してみてください!
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる