【使ってみた・使ってみたい】タスク管理ツールご紹介!

現在の職場に就くまで全て個人で完結していたタスク管理ですが、現在はチームのメンバーとの共有事項が多く、素早く相手のタスクを見ることができるようにと様々なタスク管理ツールを使用してきました。
今回は今まで使っていた・今後使ってみたいタスク管理ツールをご紹介します。
目次

Asana

始めに使ったのはAsanaというタスク管理ツールです。

掲載元:Asana
https://asana.com/

Asana:プロジェクトとタスクを一元管理できる、究極のワークマネジメントツール
Basic
プロジェクト管理を始めたばかりの個人やチーム向け。
¥0最大 15 人のチームメイトとのコラボレーション
Premium
自信を持ってプロジェクト計画を作成する必要があるチームに。
¥1,200/月(年間払い)
¥1,475/月(月間払い)
無料ゲスト数無制限
Business
複数のプロジェクトにわたって仕事を管理する必要があるチームや企業に。
¥2,700/月(年間払い)
¥3,300/月(月間払い)
無料ゲスト数無制限
初めてタスク管理ツールに触れたこともあり、個人的には一番使いやすかったツールです。
無料プランの場合、タスク管理は個人で行うことになりますが、最大15人と共有することができます。(チームで同じプロジェクトのタスク管理をするには、有料版へアップデートが必要になります。)
タスクの表示も「リスト」「タイムライン」「ボード」など時系列やタスク優先率などで表示することができ、緊急性のあるタスクも漏れなく管理することができます。
また、Asanaは連携できる外部ツールが数多くあり、タスク・スケジュールの登録方法はSlackなどのコミュケーションツールからも容易に登録ができ、それもほとんどラグがなく確認することができます。

Jooto

現在使用しているタスク管理ツールJootoです。

掲載元:jooto
https://www.jooto.com/

Jooto:カンバン方式のシンプルでわかりやすい、タスク・プロジェクト管理ツール
無料プラン¥0/月4人まで
スタンダードプラン¥417/月(年間払い)
¥500/月(月間払い)
1人追加ごとに課金(4人まで無料)
(※10名で使いたい場合:
6ライセンスの購入が必要です。)
エンタープライズプラン¥980/月(年間払い)
¥1,300/月(月間払い)
1人〜
(※10名で使いたい場合:
10ライセンスの購入が必要です。)
少人数のプロジェクト管理ではとても使いやすいタスク管理ツールです。JootoはAsanaに比べてプロジェクト分けがわかりやすくスッキリとしています。
4人まで無料で利用ができるうえに、プロジェクトの権限を「プロジェクトマネージャー」「メンバー」「外部メンバー」「閲覧者」と複数に細かく分けられ、外部の方への共有も簡単にできます(その際はJootoアカウントが必要になります)。
こちらも、カンバン方式の他にガントチャート方式で見ることができ、スケジュール管理を分単位で管理することができます。

Notion

最後は、これから使えないか検討しているタスク管理ツールNotionです。

掲載元:Notion
https://www.notion.so/ja-jp/product

Notion:All-in-one workspace
パーソナル
日々のあらゆる要素を整理整頓するために。
FREE/個人向け5人のゲストとの共有
パーソナルPro
より多くのことを達成したい、パワーユーザーのために。
$4/毎年請求
$5/毎月請求
無制限のゲスト
チーム
ひとつの場所で、一緒に働きたいチームのために。
$8/毎年請求
$10/毎月請求
無制限のチームメンバー
エンタープライズ
法人利用に適した管理機能とサポート。
要相談独自の契約形態や、発注書・請求書を利用したお支払い方法について、ご相談ください。
海外で開発されたオールインワン型の共有ツールと言われ、最近やっと日本語に対応しました。
NotionはAsanaやJootoより自由性の高い管理ツールとなっており、他のツール(例えば、タスク・スケジュール管理からファイル管理、自身のwikiやメモの作成など)を全ておぎなうことができるツールになります。
その分、自分で使いやすいようにカスタマイズする必要があるので自分でカテゴリや組み分けをして作り上げる必要があります。

使用者の声

社内で使用したことがある方に聞いてみました!

Asanaは、インターフェースやアニメーションが他より可愛らしくて、タスクを完了してチェックをつけた時のアニメーションが気持ちよかったです。

jootoは、無料でチームメンバー全員とタスク管理ができるので、お試し感覚で気軽に使い始められるし、カンバン方式のタスクチェックが分かりやすくて助かってます。

Notionは、起動が早く、テキスト本文に画像追加や関数が組めるのでやろうと思えばwebの企画書などが作れます。
また、それをwebページとして外部の人に簡単に共有できます。

まとめ

3つのツールを使ってみて思った事は、用途によって使い勝手が違うということです。
Asanaは、外部ツールとの連携。
jootoは、複雑ではないタスク管理に。
Notionは、各所のツールに散っている情報を1つにまとめることができる事。
この3つ以外にもたくさんのタスク管理ツールがあります。それぞれの特徴を活かし、自分にあった使い方をすると、より効率化ができるかもしれませんね。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる