スピード命|琉球カンパニー代表取締役 園田 年男

どーも。園田年男a.k.aカピバラは泳ぐぜです。
沖縄で株式会社琉球カンパニーの代表をしてます。
本日は「仕事の整理について」です。
目次

前職の話

 前職で支社長をしてた頃、とにかくどエライ仕事量だった。
会社立ち上げから、たったの5年ほどで、100名を超える組織、北海道から沖縄まで、全国に次々に増える支店、幾つもの事業部の責任者。
立ち上げから参加してたオレは、チームリーダー、マネージャー、支店長を経て、支社長へ。
転勤のルールや手配、給与、歩合、勤怠管理、商談、交渉、挨拶回り、営業指導、管理職指導、報連相、新規事業、接待、メンタルケア。

何から何まで。朝から晩まで電話は鳴りっぱなし。電話の合間に自分の仕事。休みの時も移動の時も。
今日は札幌出張、明日は四国。依頼した仕事、依頼された仕事、確認事項、すべての案件のエンド、重要度、優先度、、、商談内容の引き継ぎや、報告。各支店の実績の管理。
朝10時から夜中の4時がほぼ毎日。流石に頭がパンクした。カラダは相変わらず丈夫だったけど。
今思い出しても、胃が痛くなるんだけど、いい経験を積めたとは思う。

仕事量を捌くコツ

それだけの仕事量を捌いていくには、やっぱりコツがあって、例えば、毎朝出社時にやってたのが、手書きToDoリストと、一日のスケジュール書き出し。
ノートの左ページを半分に割って、左にやることと期限、右に終わったことを書いていく。終わってないことは、次の日に持ち越し。新しく増えたら、左に足していく。これで、忘れるのを防ぐ。
次に、ノートの右ページに今日のスケジュール。
ここのスケジュールの合間にToDoの優先度の高いものを入れておく。スケジュールは前の日に、目視で確認もしておく。
後は、会議中や商談中に、誰かに聞かなきゃいけないこととか出てきたら、その場で電話。とにかく、その場で出来ることは、すぐやる、今やる、出来るまでやる。じゃないと、どんどん溜まっていく。
何か事が起こったら、ボーとしないで、すぐ次の行動に移す。止まらない。
商談内容の共有のため、商談しながら内容をまとめる。
説明がいらないくらい完璧に。

忙しいのは、ジブンノセイ

自分が要領が悪いから。
忘れる、遅れるは信用を失う。
自分が振った仕事も忘れない。
エンドを伝えておく。何日の何時までにと。

そして、それら全てをやることリストと
スケジュールに書き留める。
ま、やれば出来る。
すぐやる、今やる、出来るまでやる。
大変だけどね。

ひとこと

それでは、今日も素敵な1日をお過ごし下さいね。
ではまた、バイバイ。

挑戦を遊ぼう。

琉球カンパニー 園田年男
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる