初中国はイーウー。世界一の卸市場|琉球カンパニー代表取締役 園田 年男

どーも。園田年男a.k.a 美容室こそサブスクがいいと思うです。
沖縄で(株)琉球カンパニーの代表をしてます。
今日は中国輸入ビジネスについて。
目次

中国輸入ビジネスについて

何年か前に、中国輸入ネットビジネスに興味が湧いて、当時、世界的な日用品取引の中心地だった、中国の義烏(イーウー)、福田市場に仕入れに行ってみた。
福田市場は世界一巨大な卸売市場。
東京ドーム約30個分の敷地に、5個のビル。その中に、約6万店舗。まー凄い数。一つのビルを回るので1日はかかる。歩くだけで。
店舗は、見た目にはわからないけど、メーカーの直営店と、中卸業者が入り混じっている。

メーカー直は安いが、ロットが多い。

中卸は高い、が、ロットは少なめ。とはいえ、最低ロットで1000とか言われるけど。
製品は何でもある。ないものがない。
家電製品、玩具、化粧品、手工芸品、衣料品、寝具、革製品、家具、文房具、ニット製品、スポーツ用品、アウトドア用品...。
既成のものから、OEM、ODM...まあ何でも。

おれは、店舗はないから、Eコマースで売ろうと思ってた。日本で売れそうなものを、あらかじめリサーチしてODMしてね。

電気系統は怪しいから、比較的輸入しやすいもの、法律的に。それから、物流もエアーは高いから船便。ターゲットはどこの誰だ。重いもの?大きいもの?軽いもの?小さいもの?季節もの?息の長そうなもの?

検品は?どのサイトで売る?物流はどこ使う?沖縄から発送?内地の倉庫から発送?
結局一商品あたり原価は幾らになる?
商品ページ、インサイト、コンバージョン、SNS...。
まー大変。でも楽しい。

結局、上手く結果は出せなかった。商品クオリティやロットを考えると、今はもうベトナムの方が良いのかも知れない。しかし、ベトナムだと輸送費と時間の問題も出そうだ。中国国内でも、今はイーウーより広州がいいと聞く。
それより、輸入を手伝う、日本向けの在中輸入代行業者の方が儲かるのかも知れない。中国に会社を作る覚悟があるなら。

いや、楽しいよ。物販は物販で。奥が深い。
また、チャレンジしたいな。

ひとこと

それでは、今日も素敵な1日をお過ごし下さいね。
ではまた、バイバイ。

挑戦を遊ぼう。

琉球カンパニー 園田年男
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる